変わる

脳にとっての幸せ

他人との比較は意味が無い 前向きになれる言葉を探すのが好きなのですが、とても面白い一言を見つけました。「すべてがストライクになる ボーリング場には 誰も行かない」人それぞれ感じ方は違うと思いますが、うまい例えだなぁと感心しました。できないこ...
挑戦

大安の日にやっていること

一日中意識を継続するのは難しい 今日は大安、ということを意識しようと、六つの曜で吉凶を表す六曜を確認するようになりました。科学的な根拠は無いけど、一日を通して凶の時間が無い大安吉日なら、きっと良いことがある、と、期待してしまいます。 でも大...
ほんわか

赤ちゃんの人間関係構築方法

純粋な心を見習う よくあることですが、赤ちゃんを見ていると、じっと見返してくれます。赤ちゃんは話せないので、アイコンタクトによって自分を守ってくれる人を認知し、引きつけたい相手には盛んに微笑んで、「きずな」を作っていくそうです。 生後1ヶ月...
挑戦

ヒエラルキー組織を超える

最近の妄想 日本の多くの会社はヒエラルキーと言われている、ピラミッド型組織で運営されていますが、階層構造やマネジメントの仕組みが無い、フラットな組織で運営している会社もあります。私は長年ヒエラルキー組織で働いてきたので、上司がいない、人に役...
変わる

自分のやりたいことは何か

ウェルビーイングを考えて気づいたこと サラリーマン生活一区切りとなり、今までと全く違う時間を過ごしている中、ようやく自分にとってのウェルビーイング(良い状態)が見えてきたような気がします。 サラリーマン時代は、今の自分は本当にやりたいことを...
変わる

人生泣き笑いで100

視点を変えてみる 何をやってもうまくいかなかったり、落ち込んだりしたとき、思い出す話があります。数年前に偶然WEBで見つけた話です。♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 人って、「シクシク」って泣きますよね。  4 × 9 = 36 ...
前向き

発展していく会社とは

被災された経営者から学ぶこと 能登半島地震で大きな被害を受けたにも関わらず、事業を復活させるため、辛くても前向きに動き始めている方々がたくさんいらっしゃいます。 東日本大震災の後、岩手県陸前高田市のある会社の社長さんの話を知りました。その社...
変わる

所作を見直す

雑にするから雑用 家の中でのほんの些細なことだけど、面倒くさいからついついやってしまうことがあります。例えば、ベランダに出るときスリッパのまま出る、靴を履いたままつま先立ちで忘れ物を取りに行く、など。急いでいるから、とか、ちょっとくらいいい...
変わる

北風と太陽

教え方の引き出し 青空が広がる良い天気で、風が弱く穏やかな日は、心も穏やかになります。そしてそんな日は、イソップ童話の「北風と太陽」を思い出します。北風と太陽が、旅人の上着を脱がす勝負をする有名な話で、ビジネス寓話としても認識されています。...
安心安全

「空飛ぶクルマ」への期待

半島地震から学ぶこと 地震のニュースを見て初めて知ったのですが、前震・本震・余震の区別がはっきりせず、ある地域に集中的に多数発生するような地震群を群発地震と呼ぶことがあるそうです。 石川県能登地方では、2020年12月以降、3年にわたって群...