ほんわか

ほんわか

赤ちゃんの人間関係構築方法

純粋な心を見習う よくあることですが、赤ちゃんを見ていると、じっと見返してくれます。赤ちゃんは話せないので、アイコンタクトによって自分を守ってくれる人を認知し、引きつけたい相手には盛んに微笑んで、「きずな」を作っていくそうです。 生後1ヶ月...
ほんわか

すてきな田舎の駅前レストラン

期待をはるかに超える心地よさ 久しぶりに大事な家族が集まる大切な時間に、小さな田舎の駅前にあるイタリアンレストランに行きました。創業100年ほどの、地域に根付いたレストランです。 予約して11:30に行ったのですが、すでにお店は満席で、数組...
ほんわか

娘を見守るお父さん

寒いバス停でのお見送り 田舎風景が広がる長閑な街に、息子夫婦に会いに行き、長距離バスで帰るためバス停に向かいました。寒いバス停では、皆待合室で座っていたのですが、初老の男性が一人、大きなピンク色のスーツケースと荷物2つを持って、寒い中立って...
ほんわか

感謝の気持ちあふれる小学生

信号の無い横断歩道での出来事 公園に向かう、信号が無い横断歩道の横を歩いていると、小学校高学年の男の子2人が自転車で横断するのを待っていました。そこはいつもなかなか車が止まってくれない横断歩道です。 すると1台の車が止まってくれました。2人...
ほんわか

捨てないモノ

思い出の理由がふえる 断捨離が苦手でなかなかモノを捨てることができません。断捨離の本を何冊も読んで少しずつやってみても、あまり捗りません。でも実家に行っていた時は、両親に「もっと捨てないと片付かないよ」って、偉そうに言っていました。 ただ捨...
ほんわか

眉間と口角

表情で気をつけていること 電車やバスに乗っているとき、人間ウォッチングをよくします。特に気になるのは、見ているだけで優しそうに見える方です。これまで人に見られていることが多い仕事をしてきたからかもしれません。なんであんなに優しそうなんだろう...
ほんわか

すべり台の思い出

息子から教えてもらったこと すべり台を見ると思い出す、もう30年程前、まだ私の息子が小さかった時の思い出です。 ずっと憧れていた大きなすべり台を初めてすべる時がきました。階段を上っていよいよGOという時、私はママ友とのおしゃべりに夢中で子供...
ほんわか

あたりまえが幸せ

いつもと同じでいいよ! 朝起きて太陽が昇ってくる空を見ると、なんだかやる気がでてきます。そして、今日もいつもと同じでいいからって思います。 長く生きていると、悲しいことや、つらいことは、突然やってくるんだという経験を何度もします。そして何事...